アンディ・マリーのトレーニング

アンディ・マリーのトレーニング
近年有名なプロスポーツ選手がたくさんヨガを取り込んでいます。テニス選手のアンディ・マリーも男子プロテニス業界でトップに君臨する選手であり、通称BIG4の1人と呼ばれていますが

筋肉強化と柔軟性を高めるために日々のトレーニングの一つとしてヨガを取り入れています。手術後の回復のときにはピラティスやヨガが効果的だったとも言っています。
(参照⇒ヨガ中目黒のサイト)

柔軟性を高めるヨガですが体が固いと連動性が下がるといわれています。固い原因はじん帯と筋肉にあるといわれていて、特にプロのスポーツ選手だと筋肉に疲労がたまりやすくて日ごろからしっかりとケアをしないと体が固くなりやすいです。

スポーツでは身体の連動が大切といわれていて肝心の筋肉が動かないと連動になりません。そのため筋肉量が少なくても全身の筋肉がしっかりと動く場合は全体的に連動が生まれて力が出せます。固くて動かない筋肉は周りの筋肉にも負担がかかり故障の原因にもなります。

ヨガを行うことで柔軟性も高まり動かない筋肉も動くようになることで、連動性も上がって全体的に出せるパワーが向上します。さらに正しいポジションが取れるようになるので他のトレーニング効率もよくなります。

自分の体が動いてないかに気づくことが出来ますし、色々なポーズがあるので不得意なものがあるときにはそれを行っていくことで改善していくことに繋がります。